空を楽しむ北見 -ビーナスベルト-

1.JPG

こんばんは。れいれいです

北海道北見市に関する記事をアップしている「おいでよ!北見」をご覧くださいまして、心より感謝です

2019年もなにとぞよろしくお願いいたします



今日は、「北見市の空」のご紹介です



1月4日から仕事初めだった私。
6時頃に起き…明るくなってきたなあと思いながらベランダ越しに見た空

-6時21分-
2019年1月4日 6時21分の北見市の空.jpg
細い三日月と、右上のほうに光る星が印象的だったので写真を撮りました



2017年7月から北見市に住みだして
「空の写真を撮る人がずいぶんいるなあ…どうしてだろう??」
と思っていましたが、だんだん私まで撮りたくなるようになりました。

ひとことで空の写真といっても、好みは人それぞれ。

星空メインで撮っている方もいますし、日中の青空を撮る方もいますし、雲を撮り続けている方もいます。

なんにせよ、季節や日替わりや1日の時間の中で、空の色や様子が変化するのが楽しいのです



同じ時間帯でも、見る方向で色が変化する日の出と日の入り。

1月4日15時56分、太陽が沈む側の空。
2019年1月4日15時56分の太陽が沈む北見の空.JPG
残念ながらマンションがででんとありまして、私の職場からは沈む太陽は見えません。

でも、太陽の放つ光できれいなオレンジ色に染まっていました

太陽が沈む方向から少し左へ視線を移すと…こんな色の空。

1.JPG

10分前である15時46分、右側の「北見しんきん」ビルは、色づいていましたけどね~。
2019年1月4日 15時46分.jpg

日が沈むときって、早く感じますよね。

さてさて、15時56分のさらに少し左の写真

2.JPG

さらに左…

3.JPG

先月知ったのですが、太陽の反対側に現れるピンク色の部分は「ビーナスベルト」と呼ばれる現象だそうです。
もう少しすると、ピンクの部分より下にブルーが現れますが、それは地球自身の影だそうです。

3枚の写真をつなげるとこのような感じになります

2019年1月4日 北見市の空 ビーナスベルト.jpg

ビーナスベルトは、太陽が昇ったり沈んだりするときの20分くらいしか現れない現象。
もちろん、晴れていないと見られないです。

夏は、力強いオホーツクブルーの空の写真を撮ることにワクワクしていました。

冬は、澄んだ空気の中で際立つビーナスベルトの写真を撮ることにはまっています



先日は、自宅近くでピンク色の雲を撮ることができました

2018年12月25日 ピンク色の雲 北見市.JPG

太陽が沈む逆の方向にビーナスベルト

2018年12月25日 ビーナスベルト.jpg

ぐるっとつなげたくなる空。

20181225空.jpg

20181225空2.jpg


やはり視界をさえぎらない広いところで見るビーナスベルトにワクワクしますが、建物の横にちらりと見えているビーナスベルトも素敵です

2018年12月15日 北見ハッカ記念館のピンクと、ビーナスベルトのピンクが融合した写真が撮れました

2018年12月15日 北見ハッカ記念館とビーナスベルト.JPG


春夏秋冬、四季によって空の色が個性的なオホーツク方面

知床を筆頭に、北海道らしさをぎゅぎゅっと楽しむのは道東なんていう嬉しいメッセージもあります

遊びにいらした際は、空の色にも注目してみてくださると嬉しいです



おまけ画像
2018年1月20日に女満別空港から飛び立った飛行機より撮った北見市の写真

2018年1月20日9時30分くらいの北見市.jpg

羽田空港から女満別空港行の飛行機に乗っちゃえば、バス移動も含めて2時間半くらいで北見市に来ることができます

11月は、日帰りでいらっしゃった方をご案内しましたけど、北見市だけでも十分に楽しんでいただきましたわ


2月1日は、「きたみ厳寒の焼き肉まつり」があります

クレイジーに楽しい、一度体験したら忘れられない思い出になるおまつりを通して、
北見市のなんでも楽しんでしまうスピリッツを体感してみませんか


帰るころにはロコ・ソラーレのように、どんな状況でも笑顔で突き進めるマインドをゲットしているかも???

おいでよ!北見へ



よろしければ北見市ランキング応援「北見情報」バナーを、ぽちっとしてくださると嬉しいです 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ

この記事へのコメント