日本の移住・交流政策について① マズイ情報発信していませんか?

こんにちは。れいれいです


10年以上も前から、国、各省庁、地方自治体、関連団体などが日本国内の交流・移住政策をおこなっています。

「どうして移住・交流政策が必要か」

その理由を、みなさまご存知ですか?


「どうして移住・交流イベントが日本各地でおこなわれているのか」
何回かに分けて私の言葉で説明します


ちょっとシビアな話になるので、中橋重光さんの写真で癒されてから読み進めてくださいませ。

20180108中橋さん.jpg
中橋重光さん撮影「常呂川」



どうして移住・交流政策が必要なのか。

最初私は、人口が減り続けている自治体が困っているからなのだと思っていました。

でも、違いました。

このまま何も対応せずにいると、
日本人そのものが絶滅危惧種?になる可能性を示唆する発表があったからでした


最後に国勢調査が行われた平成27年度(2015年)、総務省の発表によると日本の総人口は1億2709万4745人で、
1920年の調査開始以来、初めての減少。
総務省統計局20180108.jpg

「たった0.8%の減少なんて、さほど問題にすることじゃないんじゃない?」と思います?

問題は、日本の人口減少は、これから急激に加速するということです。

急激に加速です

人口が減るというのは、さまざまな理由がありますが、一番大きいのは子供が生まれないからです。


そんなご時世でも東京圏の人口は増え続けています。

平成27年の調査結果ですと、東京、神奈川、千葉、埼玉の東京圏の人口は5年前と比較すると約51万人増加で約3613万人。

東京圏だけで日本の人口の4分の1以上になるのです。


若い人が東京へ集中する → 東京圏では結婚・子育てしづらい → 子供が増えない → 
人口減少の一途をたどる


今はひとり勝ちの東京圏ですが、東京圏へ移住した若い人も当然年をとっていき、高齢者となります。

日本の人口の4分の1以上の多くの方々が、この先結婚せず、子供も産まず、高齢者となった場合…人口問題だけではなく、医療費対策などもかなり大変なものとなるのは簡単に想像できます。



私は北海道出身ですが、大人になってほとんどの時間を東京や千葉で過ごしてきました。

きっかけは、中学時代から母親に

「妹は北海道に残ったほうがいいけど、お前は東京へ出たほうがいい」

と言われ続けてきたからです。

母の親や兄弟が東京、埼玉、神奈川に住んでいたので、小さい頃から冬休みを利用して何度か遊びに行っていました。

東京圏の叔父や叔母、いとこたちは、北海道から私や妹が遊びにくると、かわるがわる担当してあちこち連れて行ってくれたり、「れいれいも早くこっちおいでよ」と言ってくれたりしたので、何の抵抗もなく東京へ出ました。

26年、東京圏に住み続け、私は寒がりなのでまったく北海道に帰るつもりはありませんでした。

でも、日本の人口減少問題の話を知り、北海道北見市で一人暮らしとなってしまった父のことも気がかりになり、私が子供を産むことはこの先ないのでさらに?人口増やすことはできないんだけど、それでも千葉市から北見市へ移住したほうが自分の中ですっきりすると思い、終活も意識して2017年7月北海道北見市に移住したのです。



私が東京圏へ出たのも、東京圏から北海道北見市へ帰ってきたのも、

情報があったから

です。



東京圏へ出ようと思ったのは、母や、東京圏の親戚から情報やお誘いがあったから。

北海道へ戻ろうと思ったのは、日本の人口減少問題の情報があり、実際東京圏に住んでいて、東京圏は人口多いと言うけど外人の割合も多く、日本人が減っているのを目の当たりにして、変化していく日本の中心の情報を肌で感じてザワザワしていたから。

そして、私が北海道へ帰ろうと帰らなかろうとどうしようもできないんだけど、北海道の土地が外国に買われているという情報も気がかりだったから。



人口減少問題の話を一度に全部書いちゃうと長くなるので、そろそろ〆に入りまする


情報って影響力大きいですよ~
  (何気なく言った言葉でも、子供や若者、他の地域に住んでいる人には情報です。)

「今住んでいる自治体、これ以上人口減ったら困るなあ」という意識持つってことも大切~

「自治体から人が減るのはなぜか」一人一人が考えることって大切~

自分が住んでいない自治体の情報も積極的に得て、自分が住んでいる自治体が日本の立ち位置としてどこに存在しているのか把握することも大切~




で、今日一番言いたかったこと。

北見市でもそうですが、人口減少がおこっている自治体の方々…

こんな何にもないとこにいたってどうしようもないから、都会へ出ろ

と、気軽に若い人や子供に言っていませんか?

本当に何にもなくて、存続する意味もない自治体なら、とっととどこかとくっついちゃって消滅させちゃったほうが日本継続のためになるかも知れません。

その覚悟をもって若い人や子供に言わなくてはならない言葉なのではないかと思います。

若い人が都会へ出たとき、都会でその発言しちゃいますよ??

若い人を外へ出すなと言うわけではないです。

子供を進学させたい学校や、進みたい道の集まりが今住んでいる自治体にない場合、他の自治体へ移動するというのは自然なことです。

「何にもないとこにいたってどうしようもない」という情報を若い人に与えてしまうのが問題じゃないかな~と思うのです。

「何にもないとこだからどうしようもないんだよな~」という情報に縛られて、あきらめの気持ちで住み続けているのが問題だと思うのです。

変な話、生まれてくる子供全員に、「ここから出ると悪いことが起こるよ~」なんて言い続けて、インターネットも使えない自治体があったとしたら、若い人が都会へ出るというのは一握りになるはずです。

若い人が出ていってしまう…と嘆く前に、若い人が残りたくなったり、いつか戻ってきたくなったりする魅力情報を与えているか?というのがポイントです

その情報発信が、自分の子供だけじゃなく、見知らぬ地域に住む人の情報にもなる可能性があるということを意識してほしいんです。



昔は気軽に会話の中でそういう発言しても問題なかったわけですが、今は日本全体の問題と意識して発言しないと、若い人が目的もあやふやなまま「とりあえず東京へ行けば楽しいことがあるんだろう。」と外へ出ちゃうのはマズイと思います。

私は東京圏へ出ても親戚もいたし、友達もできたし、仕事も充実していましたが、都会へ出て挫折してしまう人も見てきました。

そんなときに「帰ろっととすんなり思える自治体になっているかどうかですよね。



移住・交流イベントの目的は、「自分の求めているものが、今住んでいるところと違う地域にあるかも知れない」「自分の能力を求めている自治体があるかも知れない」ということを知ってもらうきっかけになることです。

東京で生まれ育った方は、東京しか知らないんです。

でも、東京で生まれ育ったからといって、東京に合わない人も実在し、「田舎があっていいね~…」と言われたこともあるんです。

そんな方も移住・交流イベントには訪れます。

住んでいる方が、「何にもないとこだ」なんて言っていては、受け入れ態勢ができているとは言えません。

北見市もそうですが、各種移住・交流イベントに参加している自治体は、
うちはこういうところですと住民が胸張って言える何かを掲げ、その情報発信をしてほしいというのが国の狙いです。


とりあえず、オホーツク圏最大の市である北見市が万が一消滅したら…

日本中の玉ねぎが高くなって、気軽にカレーに玉ねぎたっぷり使えなくなるかもよぉ~

天然ハッカが手に入らなくなるぞぉ~

北見市こけたらオホーツクの美味しいもの国内流通も危うくなるかも知れないぞ~

女満別空港利用者数激減で、気軽に網走や知床観光できなくなるかも知れないぞ~



北見市住民になって半年。

まだまだ北見市の魅力探検続けていきますわ~



よろしければ北見市ランキング応援「北見情報」バナーを、ぽちっとクリックしてくださると嬉しいです 


この記事へのコメント

  • ドリーバーデン

    ブログ拝見しました。 まさにそのとおりですね。私は北見市出身で、一時期 札幌や旭川にいましたが この26年は ふるさと北見で暮らしています。 子供三人は 北海道各地にいて 孫 8人になりました。 北見はとてもよいところです。北見のいろんな出来事を ときどきブログで発信しています。 これからも よろしくお願いします。
    2018年04月14日 13:04
  • 北見市盛り上げ隊

    ★ ドリーバーデンさんへ ★
    ご訪問、ありがとうございますm(__)m

    浦安に住んでいる人も、「何にもないとこだよ?帰って寝るだけ。」と言っていました。
    「ディズニーランドがあるじゃない?」と言っても、「別に行かないし。」と。
    何があれば「なにもない」という言葉がでなくなるのか…と私なりに考えてみました。
    建物じゃないんだなあ…人とのつながりから発生する夢や希望なのかなと思いました。
    それと「稼ぐ力」なのかなと。
    正解はひとつじゃないと思います。
    なんにせよ、多くの方が意識すると変わってくることがあると思いますし、北見は大学が2つあったり、出張人口が多かったりと、北見外の人とのやりとりも多いので、もっと活気づけると思っています★

    ドリーバーデンさんのブログ拝見しようと試みましたが、gooログインしても見られませんでした(=`ェ´=;)ゞ
    入力されたブログのアドレス、ご確認いただけますか?
    よろしくお願いします。
    2018年04月14日 17:17
  • ドリーバーデン

    今日は、雪のためブラウントラウト釣りから撤退してきました。

    私のブログ オショロコマの森ブログ5 と もう一つ
          北海道昆虫同好会ブログ   でも 検索してみて下さい。

    dollyvarden は オショロコマの 英名 です。
    2018年04月16日 01:02
  • 北見市盛り上げ隊

    ★ ドリーバーデンさんへ ★
    春がくるなあと思っていたら、突然の雪でしたね。
    ブログのお知らせ、ありがとうございます(*´-`*)
    明日ゆっくりお邪魔します♪
    2018年04月17日 02:02